女子が言う「ありがとう」という返事の意味は好きとは違う?

スポンサーリンク

女子は、よく「ありがとう」という言葉を使います。

 

メールやラインの返事の際に、「ありがとう」と返すことが多いのです。

 

この「ありがとう」という言葉は、感謝の気持ちを伝えるだけでなく、その場を丸く収め、雰囲気を良くするために使われています。

 

男子は、「ありがとう」という言葉を使う機会が、女子より少ないので、女子から言われるその返事の意味を、「好き」と勘違いすることがあります。

 

でも、女子の「ありがとう」が「好き」を意味することも、もちろんありますが、いつも決まって「好き」という意味なわけではないので、見極めが大切になります。

 

気になる女子が、自分のことを「好き」だと思って、「ありがとう」と言っているのか、そうではないのか見極めるには、「ありがとう」という返事だけでなく、普段の相手の自分に対する態度を見ることが大切です。

 

スポンサーリンク

好意を持ってくれている場合には、頻繁に「ありがとう」という言葉を使います。

 

それ以外にも、視線がよく合ったり、視線が合うとあわててそらしたりすると、それは相手が「好き」だと感じてくれている可能性があります。

 

告白する前に、女子の様子をよく観察して、本当に「好き」という感情があるのか、気にしてみてみましょう。

 

本当に気持ちがあるのなら、なんらかのシグナルを発しているものです。

 

たとえば、普通に話しかけたときに、そっけない返事なら脈があまりありませんが、なるべく長く話そうと、丁寧な返事をしている場合には、脈があります。

 

逆に、返事自体は短くても、恥ずかしそうにあわてているときは、「好き」という感情が見え隠れします。

 

女子の行動をよく観察し、その意味を考えることが告白をするうえで大切なのです。

 

一つの行動には複数の意味が考えられるので、いくつもの意味を考えてみることが大切です。

 

スポンサーリンク