他に好きな人がいるのに、職場で迷惑な好意を持たれたら…

スポンサーリンク

多くの人が働く職場では、人間関係で問題が起きる場合が多々あります。

 

若い男女が大勢働いている職場では、恋愛関係のトラブルも結構発生しています。

 

職場の異性に好意を持つことは決して悪いことではありません。

 

しかし、一方的な好意は、時に迷惑になる場合があります。

 

他に好きな人がいるのに、好意を持たれるという場合があります。

 

更に、それが両想いと勘違いされたらとても厄介です。

 

相手が半ばストーカー化すれば、貴方の仕事にも影響を及ぼすことになります。

 

もし、他に好きな人がいて、他の異性から迷惑な好意を持たれたら、早めに対処することです。

 

職場の中では、噂が広まることも多く、周囲から誤解される前に毅然とした態度を示すことが重要です。

 

もし、職場の異性から迷惑な好意を持たれたら、他に好きな人いることを早めに伝えることです。

 

スポンサーリンク

一方的な好意を持った相手が良識のある人であれば、問題なくトラブルは回避できます。

 

ただ、時には思い込みが強い人もいたりします。

 

貴方が、他に好きな人がいると伝えても、それでも諦めきれないという場合も多いのです。

 

諦めるどころか、余計に迷惑な好意を膨らませる事例も増えています。

 

そのようなケースでは、自分だけでの解決は不可能と考えるべきでしょう。

 

自分だけで対処するのではなく、上司などを間に入れて話し合いを進めることが最善と言えます。

 

それでも、相手が諦めてくれない場合は、迷惑な好意を寄せる相手を配置転換してもらうよう頼んでみることです。

 

自分には他に好きな人がいて、当人の想いは迷惑であることも申告するべきです。

 

例え、他に好きな人の存在がなくても、職場という閉ざされた空間での恋愛は節度が大切です。

 

異性からの行為が迷惑と感じたら、問題解決を先延ばしにしないことです。

 

スポンサーリンク