あだ名で呼ぶ女性は、無意識のうちに好意を表している?

スポンサーリンク

あだ名を使う時は、きっと親しい友人や家族と接する時等、ごく親しい相手への愛称として使う機会が多いと思います。
実は、女性が男性に対して好意を持っている時には、無意識のうちにあだ名で接すると言われているのです。

 

ではなぜ、あだ名で呼ぶことが好意のサインとして捉える事ができるのでしょう。

 

それは、女性が特別な気持ちを持った男性に、自分だけの呼び方をする事で、他の女性との差別化を図りたいと考えているからです。

 

周りと同じく「さん付け」や「くん付け」の呼び方から、突然誰もが呼んだ事の無いあだ名を使い、親しげに呼んできた場合には、正しく女性の心に、男性に対して何かしらの変化があったと考えても良いでしょう。

 

ただし、誰もが呼んでいる呼び方や、どう考えてもからかわれていると感じる、好意的に捉えられない悪意のある呼び方をされている場合は、単なる勘違いという場合もありますので、そこは見極める必要がありそうです。

 

スポンサーリンク

もしも女性があだ名で呼んで来たという場合、こちらにも好意があるならば、その女性に対して特別な呼び方をしてあげる事で、より一層お互いの距離が近くなります。

 

こちら側も特別な存在であると言う事を自然にアピールできますし、女性側もより一層好意を持った男性に対して、意識を強く持つ様になるでしょう。

 

恋愛は思い込みから始まると言われています。
お互いしか使わない特別なあだ名で呼び合う事は、お付き合いが始まっていない男女であっても、既に好意を持っていると言っても良いですし、疑似恋愛に近い感情を生む事ができるのです。

 

親近感がわきますし、これを恋愛にうまく活用していくといいのです。

 

あだ名で呼び合う時の注意点としては、余りにも相手の名前からかけ離れていない事がポイントになります。

 

名前を軽くもじったあだ名の方が、より親近感を持つ事ができますので、そう言った点に注意しながらお互いの距離感を縮めていきましょう。

 

より親しくなりたいときはぜひあだ名で相手を呼んでみるというテクニックを使ってみて下さい。

 

スポンサーリンク