男友達からの好意とサインとは?態度やしぐさからどうアピールする?

スポンサーリンク

普段から仲良くしている男友達がもしかしたら自分のことが好きなこともあります。

 

その際には、何かしら好意のサインや態度が自分に対してあるかもしれません。

 

鈍感な女の子ならそのサインやしぐさが、わからない事もあります。

 

少し敏感な女の子なら男友達の好意がちょっとした態度ですぐにわかる事もあります。

 

その際に、自分もそのサインから気付いて、男友達に意識をしてしまう事もあります。

 

そこから自分も好きになる事もありますが、他にも好きな人がいる場合には、その好意にどうしていいかわからないこともあります。

 

もし、男友達の好意がわかって、自分も好意を持っていれば、少しずつ自分も好きなアピールやしぐさを出していけばいいです。

 

一緒にいる際に、寄り添う態度や会話の中でサインを出してみてもいいです。

 

素直に一緒にいて楽しいという言葉を伝えてみるのもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

男友達の好意に応えてあげればいいですが、好意に応えてあげられない場合もあります。

 

その場合は、男友達に対して、普段の態度で接することが大事です。

 

少しでも気があるような態度やしぐさは、相手も脈があるのではと思ってしまいます。

 

相手の気持ちをもて遊ぶのは、後々トラブルのもとになりますので気を付けましょう。

 

そして、可愛らしいしぐさを、あまり相手にしないことも大事です。

 

普段から可愛らしいしぐさをするのは、悪くないのですが、相手の気持ちに応えることができない場合には、あえてしぐさやサインは抑えておくことで、相手に直接言わなくても態度で脈がないというサインになります。

 

例えば、デートに誘われても、一度はいいかもしれませんが、気持ちがないのに、何度も行くのは相手に対して失礼ですので、相手に気を遣う事も大事になります。

 

スポンサーリンク