上司から好意の態度や脈ありサインを感じた時の対処法について

スポンサーリンク

職場恋愛がきっかけでゴールインした!というカップルも多く、社会人になって出会いのきっかけというのは同じ職場だったからというのはよくあることです。
職場での恋愛となると同僚、先輩、後輩だけでなく上司もその対象になります。
人を好きになるのに恋愛は関係ありませんからね。
上司から好意の態度や脈ありのサインを送られた時の対処法は同僚や先輩、後輩の場合と違って少し気をつけた方がいいでしょう。
ただでさえ社内恋愛というものは気を使います。
上司が相手となるとなおさらです。
お互いの立場も大事ですし、その後の仕事関係にも大きく響いてくるので慎重に行動をしていくのが大事です。
もし上司から好意を示されても自分のほうも好意がある。
つきあいたいと思っているなら、そのまま大事に関係を育んでいけばいいでしょう。

スポンサーリンク

困ったのは好意を寄せられてもこちらにはまったくそのつもりがないときです。
上司なので無下に断って職場でのあなたの立場が悪くなるのも得策ではありません。
こちらにはその気がありませんという態度を示しつつ礼儀も尽くすというのが基本姿勢になります。
上司から好意のサインを見せられてもそれがたんなる親愛の情であればいいのですが、それが脈ありサインなら上司がこちら側も脈ありだと勘違いしないように早めに対処してくださいね。
必要以上にあなたのプライベートのことを聞いてくる、視線を送られて頻繁に目があうという脈ありサインのときは特に気をつけてください。
よく目があるのであれば失礼のない程度に目があっても視線をそらす。
プライベートな話題に及んだらやんわりと話題を変えたり仕事の話にもどしたりするのがいいでしょう。
ひどいときは上司という立場を利用して自分の思いを告げようとすることをする人もたまにいるので慎重に、かつ迅速に行動するのが大切です。

スポンサーリンク