職場での好意を好きと勘違いしないために注意した方がいいこととは

スポンサーリンク

自分のことが好きかもしれないと思っていたら勘違いだったことはありませんか。
職場で困っていると相談にのってくれたり、いつも話相手になってくれたり、会話が弾んだりと好意を感じる行動はあります。
肩を軽くたたいたり、肩を組んできたりといったボディタッチをしてくるひと、これは親しみをもっているから行うということがあるので好きと早合点しないようにしましょう。
学生時代ならああ勘違い・・で済まされますが、職場での勘違いの場合、その後の仕事にも響きますし、人間関係が気まずくなります。
気軽に好意を見せてくる人はその人が育った環境や性格でもともと人見知りせず人懐っこくて感じがいいひとが多いです。

スポンサーリンク

また恋愛経験が豊富であったり、既婚者だったりすると異性との関係がさばけていて魅力的だったりします。
それを好きと勘違いしないようにするには、相手が自分だけにどんなアクションをしてくるのかというのがポイントになってきます。
親しげな行為を大勢がいるところで行ってくるときや、誰にでもそういう態度をとっている人はあなたに対して異性として意識しているのではなくいい仲間としてつきあいたい、人間関係をスムーズにしたいと行っていることが多いです。
単なる行為を好きと勘違いしないためにはまず親しげな態度を取られてもそういう感じのいい人だと思うこと。過度な期待をもたないことが大事になってきます。
また好意を好きと勘違いさせない行動をとることも職場でのつきあいでは必要になってきます。

スポンサーリンク