職場の男性の視線の意味は?脈あり?勘違い?

スポンサーリンク

社会人になるとなかなか恋人候補に出会えなくなるといいます。
自分が入った会社が女性ばっかりで男性はいないとなると職場ではなかなか出会えないんですよね。
職場で恋人は探さないというひとはいいでしょうが、社会人になると職場と家の往復になってしまう女性も多いです。
なので職場に男性が多くいて恋愛のチャンスがあるならそれは活かしていきたいところですね。
実際、社内恋愛はありかなしかという意見ではありと答えた人が多いのも職場が恋愛のきっかけになると考えているひとが多いのです。
社内恋愛をするときは慎重に行う必要があります。
うまくいけばいいのですが、万が一うまくいかなくなったらお仕事の人間関係にも支障をきたすからです。
職場恋愛に寛容な会社もありますが、禁止しているところもいまだ多く存在します。
結婚までなればOKというスタンスもあるので、職場恋愛の場合は真剣なお付き合い限定ということになりそうです。

スポンサーリンク

職場恋愛は慎重に進めていかなくてはいけません。
自分が「いいな」と思う男性が脈ありなのか、好意を持ってくれているのかを見極めてからアプローチする必要があります。
職場の男性が自分に視線を送っているときにそれが脈ありなのか?これを見極めていきましょう。
基本的に男性は好意のある女性、興味ある相手にたいして話を聞くときにがっつりと目を合わせてきます。
反対に興味がないとぼんやり、心ここにあらずというときもあるようです。
相手の男性の好意を見極めるにはまず自分が見ていて目があうのではなく、自分が気がついたらその男性と目が合うということが頻繁に起こるというのが大事です。
職場の男性の視線を感じるからといって即好意があるという判断は早いかもしれません。
男性の中には女性に愛想よくしてイメージを良くしておこうという考えのひともいます。
よく言われるのが男性が無意識に好意のある女性に視線を送っているということ。
がっつりと見つめてくるのではなくいわゆるチラ見が脈あり度が高いようです。

スポンサーリンク